ちょっとおしゃれな押し花タイム



<   2007年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


アトリエの プチ模様替え

私のアトリエの プチ模様替えの一部を紹介します。
我が家は地下一階地上二階建てです。玄関とアトリエは地下になります。(道路から見ると三階建ての家に見えます)
ドライエリア(窓の外。地下室にはこれが義務付けられています)に出易いように、長かったテーブルを夫がカットしてニスを塗り直してくれました。昨日組立てたお気に入りの引出しを両サイドに置き、テーブルの足も白に取り替えました。新品のようになり、なんだかうれしくなりました。
d0110653_20594421.jpg

[PR]
by oshibana1997 | 2007-08-30 21:26

お気に入り引出しユニット

家を新築の際、部屋割りをどうしようかと悩みました。         息子たちも家を出ていて、「自分たちの事は考えなくていいから、父さん母さんが良いと思う家を建てたら」と言ってくれました。では、そうさせてもらおうと、夫、母、私それぞれ自分の部屋を確保しました。
このような経緯で私のアトリエ(仕事場兼押し花教室)が誕生したのです。

今日は、今まで使用していた古い引出しを処分し、IKEAのパンフレットで見つけた組み立て式の引出しユニット(白)を買って来て、夏バテの身体に鞭打ちながら組立てました。(引出しも一つ一つ組立てました)      これが思いの外 使い勝手良くスタイリッシュ。
引出しが浅いので整理がし易い。「いい買物をしたな〜」と我ながら満足しています。  こんな日は、なんだか嬉しいです。
d0110653_21565699.jpg

[PR]
by oshibana1997 | 2007-08-29 22:28

もてなしの心

最近、テレビで見聞きした事と新聞で読んだ記事が「あっ!あの事だ!!」とつながるのです。俳句甲子園の事もそうですが、8/19のブログに書いた山本一力さんと茶の湯について、今夜教育テレビで偶然にもその番組をやっていたのです。
「ああ、この撮影があったからあの記事を書かれたのだな」と思いました。

おいしいお茶を差し上げる、そのためにどれだけ心をくだいて準備するか、招かれた客はその事を理解できるか。両方にその力が備わってこそ素晴らしいものになる。どちらの立場になった時もその心を大切にしたい。忘れていた「おもてなしの心」を思い出させてくれた番組でした。
d0110653_2391466.jpg

[PR]
by oshibana1997 | 2007-08-27 23:19 | 徒然

二度あることは三度ある。

今日は俳句甲子園の監督の事が書かれた記事を目にした。
俳句甲子園とは一チーム五人で戦う高校生の俳句大会です。
今年の優勝校は東京の開成高校。そのチームを率いる教諭が
「海図」という句集を出されたという。
俳句甲子園にそなえて生徒たちと句会をを重ね、吟行や合宿をした。生徒を率いる立場の先生も生徒たちと一緒に句作につとめ、その結果がこの句集である。とあった。
私はこの記事を読んで自分の押し花教室と重なった。
私もこの先生のように生徒さんたちと一緒に成長していきたいと思っている。

志は高い(?)のですが、今はこの暑さにやられて、日々げんなりしています。
d0110653_21331780.jpg

[PR]
by oshibana1997 | 2007-08-26 21:35

素敵な縁

「押し花教室」で検索をかけ、スタートしたばかりの私のブログを訪ねて下さったのがきっかけで、oshibanayoshimiさんと知り合いました。
一度もお会いした事はありませんが、もう随分前からお友達のような気がしています。
ふしぎな花倶楽部の会員で、お互い押し花教室を主宰しているという   たったそれだけの共通点で毎夜お互いのブログを訪ね合っています。   人と人の縁は本当に不思議なものだと思います。

私が少し俳句に興味があるとお伝えしたら、写真の歳時記を薦めて下さいました。少しずつ勉強し、四季を感じて暮らす生活が出来たら素敵だなと思っています。
yoshimiさん、ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。
d0110653_22244984.jpg

[PR]
by oshibana1997 | 2007-08-23 22:34 | 本・読書・映画

眠れないと困るので

夕食後夫を誘って1時間程散歩に行って来ました。
昼間とは比べ物にならない位
風があり涼しかったです。
普段眠れないなんて事はない私ですが、連日の暑さにどことなく身体が変で、昨夜は2時頃まで寝付かれませんでした。
今夜も眠れないと困るので、歩いて来ました。これで大丈夫かな〜?
d0110653_22451838.jpg

[PR]
by oshibana1997 | 2007-08-21 22:46 | 徒然

俳句甲子園

俳句甲子園をご存知でしょうか? 
全国の高校生が俳句の腕前を競う催しです。
私も先日のテレビニュースで知ったばかりです。その時は、高校野球と同じ時期にやっているんだなと思っただけでさほど気にしませんでした。
今朝、朝刊の片隅にその記事と句を見つけました。
 『剣山のさびしく乾く夏座敷』
  昨日花を活けたばかりだったので感じるものが有りました。
 『山頂に流星触れたのだろうか』
 奇麗な句ですね〜。
 簡単な言葉で表現され、上の句のように映像がはっきり目の前に浮かんで 来る句が好きです。
d0110653_2037619.jpg

[PR]
by oshibana1997 | 2007-08-20 20:48

暑さを滅す


d0110653_14511580.jpg朝刊(日経新聞)に「気遣うこころ」と題して直木賞受賞作家の山本一力さんが茶の湯について書かれていた。
以下記事を一部抜粋
「どういただけばよろしいので?」私は茶碗の持ち方すら知らなかったのです。
「好きなようにお持ちになって結構。飲み方もお好きなように」おいしく呑んで頂く事が、何よりも大事ですと言われた。大いに気が楽になった私は、茶碗に手を伸ばそうとした。「ちょっとお待ちを」私の左手を見て、宗匠は優しい口調で動きを制された。「指輪や時計等は、はずされたほうがよろしいでしょう」茶碗に指輪がぶつかっても傷がつく訳ではない。しかし傷つける可能性のある品は、外しておくのが客の心得ですと教えられた。招かれた客もおいしく茶をいただくため気を使うというのは、こういう事なのだ。

何を隠そう、私も江戸千家の御免状を頂いています。そんな事等すっかり忘れて普段は暮らしています。若い頃学んだ茶道の教えを思い出し、上手に気を使った生活をしなければと思った次第です。朝からこの記事を読んだせいか、暑さで弛んだ心が少しひきしまり、花でも活けてみようという気分になり、庭の花を投入れてみました。矢羽根ススキ・オミナエシ・フウセンカズラ・下に垂れているのは抜いても抜いても出てくる蔓です。こんな事をしている間は暑さは感じません。不思議なものです。
[PR]
by oshibana1997 | 2007-08-19 15:15 | 徒然

暑い日々

この連日の暑さには参りましたね〜。
ご近所さんとの挨拶も「暑いですねーー」「じりじり焼けそうですねーー」が定番となり、いつもは立ち話をするところですが、お互いそそくさと家に入ってしまう日々でした。
長時間のクーラーも嫌だし、かと言って汗じっとりも不快。
毎日げんなりし、体調を崩す一歩手前だったような気がします。
今日はやっとその暑さも一段落し、横浜は しのぎ易い一日でした。
夕方スーパーに入りましたら、お年を召された方が「わ〜 寒〜い」とおっしゃっていました。 
暑いのも寒いのも、度を超すと本当に困ります。

d0110653_2295089.jpgその暑さにも負けず、毎日元気に咲いていたのが写真のムクゲです。
家の玄関を出て道路を左に7〜8m行くと突き当たりにこのムクゲが沢山咲いています。その向こうは谷になっていて、その先は川崎市の大規模な公園墓地です。

秋風が待ち遠しいですね〜。 皆様、夏の疲れが出ませんように体調管理にくれぐれもお気をつけ下さいませ。
[PR]
by oshibana1997 | 2007-08-18 22:21

八ヶ岳に行って来ました。               大泉村から見た富士山・南アルプス甲斐駒ヶ岳

大泉村から見た富士山
d0110653_10593226.jpg

大泉村から見た南アルプス甲斐駒ヶ岳
d0110653_1105681.jpg

富士山と八ヶ岳の背くらべ

富士山とハヶ岳は、ともに日本で名のある高い山です。しかも、毎日向かい合っています。大昔、高さをきそって、背くらぺをしました。

 大昔、日本と大陸は陸続きて、見わたすかぎりの大平原でした。そのなかで、ひときわ高くそぴえている山がありました。富士山と八ヶ岳です。
 あるとき、富士山の女神の浅間(せんげん)さまと、八ヶ岳の男神の権現(ごんげん)さまが、「いったいどちらが高いのか」と、言いあらそいをはじめました。「わたしのほうが高い」「いや、わしのほうじゃ」と、お互いにゆずリません。
 そこで、二つの山の神さまは、木曽(きそ)の御岳山(おんたけさん)の阿弥陀如来(あみだにょらい)さまに頼んて、背くらべのはんてい役をお願いすることにしました。「さて、どのようにしてくらべたらよいものか…。」阿弥陀如来さまは考えこんでしまいました。
 何日も思案した末に、名案が浮かぴました。「二つの山のてっぺんに、長いといを渡し、水を流したらどんなものか。水は高いほうから、低いほうへ流れていくはずだ」
 背くらべの日、冨士山も八ヶ岳も、ともに自信をもって胸をはりました。阿弥陀如来さまは二つの山にといをわたし、さっそく水を流してみました。水は、冨士山のほうへと流れていきました。大昔は、富士山よりも、八ヶ岳のほうが背が高かったのです。
 八ヶ岳はとくいになりましたが、気の強い冨士の女神さまは、くやしくてなリません。思わず八ヶ岳の頭を、ごつんと、なぐってしまいました。
すると、八ヶ岳の頭は八つにわれてしまいました。
この日から、富士山は日本一の山になリ、八ヶ岳は今日の姿になったということです。
 *八ヶ岳は赤岳を最高峰に、編笠山、西岳、権現岳、阿弥陀岳、横岳、硫黄岳、中岳などが連なるアルペン的な景観を持つ山で長野県と山梨県の県境にあります。南北に約20km、東西に約15kmと裾野の広い山脈です。
[PR]
by oshibana1997 | 2007-08-09 11:02

ラジオ体操と早朝散歩を始めて1年過ぎました。気持ちよく一日のスタートが切れます。皆様にもお勧めします。
カテゴリ
全体
押し花教室
押し花
パーゴラ
ウッドデッキ

庭作り
徒然
思い出
五行歌
自然・季節
本・読書・映画
食・料理
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧