ちょっとおしゃれな押し花タイム



カテゴリ:未分類( 47 )


アルベロベッロ から アマルフィーへ

「現地時間に慣れるのに 一日一時間 」と言われるているが、日本出国後、
今日で丁度一週間。
1. 日本時間の夜11:00以降は食べない 2. なるべく早く寝て睡眠不足を避ける
この二つを実行してきた。
これが時差で体調を崩さないコツである。
守ってきたおかげで、旅行中は夫婦共に快調だった。

9/18
アルベロベッロの町は谷間を挟んだ2つの丘の上に成り立っている。
ツウルッリのある地域は、北側のアイア・ピッコラ地区と
観光地化された南側のモンティ地区。
午前中、徒歩でモンティ地区を訪ねた。(前回の写真はアイア・ピッコラ地区。)
メインストリートに沿ってお土産屋さんが並び、その中に日本語で「陽子の店」と
書いてある店があり ふらりと入った。  久し振りに聞く日本語が懐かしい。

彼女も17年前(だったかな?)この地を旅して、ご主人と出会い 結婚したそうだ。
今でこそ旅番組に取り上げられるようになったアルベロベッロだが、17年前に
どれだけの日本人が知って居ただろう?
どんな経緯でここまでやって来たのかと余計な想像をしてしまう。人生色々。

トゥルロの屋上に上らせてもらった。とんがり帽子の可愛い屋根が眼前に広がり
素晴らしい眺めだ。この地区には1030のトゥルロが存在し、3000人の住民が
暮らしている。
近くに4,500万円で売りに出たトゥルロが有った。新しく家を建てる場合も
昔と全く同じスタイル・同じ材料を使って建てることが義務づけられている。

この後、マテーラ経由でアマルフィーまで車を走らせた。
前夜、カメラの充電を忘れてマテーラの写真が撮れなかったのが残念でならない。
アマルフィー海岸↓
d0110653_1214770.jpg

d0110653_12134847.jpg
 ↑山の上の方まで家がある。
海岸から山肌に沿って作られた 狭いくねくね道を、目を皿のようにしてホテルを探しながら登っていった。  イタリア人の運転の乱暴さに怖さを感じながら・・・。
[PR]
by oshibana1997 | 2010-12-04 13:01

ミラノ 1 / イタリア旅行

9/10~24、夫と二人で2週間のイタリア旅行に出た。
ユーロスター(Treni Eurostar Italia, ES*) ・飛行機・レンタカーを使って
ブーツ形の細長い国を かなり長い距離 移動することになった。

ミラノ からユーロスターで ヴェネチアへ、アドリア海上空を飛行し バーリ へ。
そこからレンタカーで アルベロベッロ、マテーラ、アマルフィー・ナポリまで。
ナポリでレンタカーを乗り捨て、あとは ユーロスターでローマまでの旅である。
よろしければ、どうぞお付き合い下さい。

9/10
 JL417  12:25 成田発  
      17:40 ミラノ着 (現地時間)
           
  11時間半のフライトを終え、ミラノ マルペンサ空港に到着。
   税関検査を経て、到着ロビーに出た。
  さて、ホテルまでどう行くか?
  無駄はなるべく避ける旅にしたいと思う。
  タクシー(€85) or 鉄道(€11) or シャトルバス(€7.50) 
  もちろん最安値のシャトルバスにした。  
  1時間程でミラノ中央駅に到着 ↓
d0110653_22311210.jpg

  ここで地下鉄に乗り替え、次の駅で降りる。 
  中央駅からホテルまで歩ける距離だが、大きな荷物を持っては無理というもの。
  でも、その地下鉄入り口はどこにあるのやら???
  あちこち探して、「あっ!あそこ!」(↑建物の一番左はずれにあった)
  ミラノの地下鉄は3路線あって、色別に別れているのでわかり易いが、
  何せ、夫も私も初めての地。 先ずは 切符を買わねば。
  券売機の前で もたついていると、太った、訝しげな女性が(親切そうにも見えた)
  「ここにお金を入れろ」と言う。
  コインを入れようとしたら、お札用の口を指す。
  一番小さな€5紙幣を入れ、金額と人数のボタンを押したら、切符とお釣りが出た。
  ところが、あろう事か! 彼女がさっとお釣りに手を伸ばし、とったのだ。
  夫も私もびっくりして「NO!」と叫んだ。彼女は悪びれもなくコイン2枚を返した。
  足りない!「何枚とった?」と迫ると、指で一枚つまんで見せた。彼女は自分の
  お腹を指しながら「ベビーがいて、お金が必要なのだ」と言った。
  「まっ、一枚ならいいかっ!」  到着早々、イタリア式洗礼を受けた訳です。 
  20:00 ホテルに無事到着。 長〜い一日だった。
[PR]
by oshibana1997 | 2010-09-30 22:54

のんびりペナンの旅 2

日本との時差は1時間(ペナンは1時間遅い)

9/27  
8:00 起床 曇り
      バルコニーに出ると眼前にマラッカ海峡(北海峡)
      遠くにマレー半島が横たわって見える。
      海の色はきれいとは言えないが、♪海はひろいな おおきいな~♪を実感。
      ポーターの話では、部屋のバルコニーから日の出 日の入りが見えるそうだ。    
d0110653_15594325.jpg
d0110653_1623790.jpg
d0110653_164184.jpg
d0110653_1644952.jpg


9:30 朝食 
        サーキーズ・コーナー↓での朝食は最高だった!!!
        入り口で部屋番号を伝えると席に案内される。飲み物を注文し、
        その後 各自好きなものを取りに行くビュッフェスタイル。
        ウェスタンを中心にインド・中国・日本(寿司・みそ汁・おかゆ・漬け物)
        マレー料理と何でもござれ。 
        注文するとソーセージを焼いたりオムレツ・ 焼きそばもその場で作って
        テーブルまで運んでくれる。
        毎朝 マラッカの海風に吹かれながら1時間程かけて お皿いっぱいの果物 
        サラダ 等、この時ばかりは体重の事等忘れ お腹一杯食べた。
         
      
d0110653_16121184.jpg
d0110653_1621115.jpg
d0110653_16215482.jpg
d0110653_16222537.jpg

今日はここまで (^.^)
[PR]
by oshibana1997 | 2009-10-03 16:26

センニンソウ(仙人草)

d0110653_13523519.jpg
今朝の散歩で摘んだセンニンソウ(野草)
花のきれいな外国種のクレマチスがセンニンソウ属。
葉っぱや茎の雰囲気が同じです。

ところで
9月末で、夫が再退職します。
記念に4泊5日のマレーシア旅行を思い立ちました。
二人だけの旅は、新婚旅行以来 初めてです。
(いつも子ども達が一緒でした)

移動せず、ゆっくり のんびり景色のきれいな所でホテルライフを楽しみたい。
そんな思いで、ペナン島(東洋の真珠と呼ばれているらしい)に決めました。
どのホテルにしようか検討中です。
宿泊料を見て、ついつい主婦感覚が働いてしまいます。 
貧乏性だなぁ〜!
[PR]
by oshibana1997 | 2009-08-28 14:04

ツリガネニンジン

d0110653_1275985.jpg
今朝、散歩の途中で摘んだツリガネニンジン。
大好きな野草です。 
(バックはラヴェンダー)









パスポートの期限が切れましたので
これから申請に行って来ま〜す。(^.^)
[PR]
by oshibana1997 | 2009-08-03 12:11

八重のムクゲ

d0110653_1131952.jpg

                          花: ムクゲ 
                             ミント     
[PR]
by oshibana1997 | 2009-07-23 11:04

ちょっと出かけて来ました

d0110653_17505797.jpg
夫と二人で 八ヶ岳南麓大泉村に行ってきました。 道路脇の水路には豊富な冷たい水が流れ、、夜はまだ長袖が必要です。
人家近くのうっそうとした草薮の中にシカを二頭見かけました。 
山から下りて来たのでしょうか。。。
d0110653_17512169.jpg
帰路、昇仙峡廻りで帰りました。
長瀞橋
大正14年に架設されたコンクリートのアーチ橋。

d0110653_17514497.jpg
峡谷のハイライト覚円峰
土日祭日は歩行者専用になる道路も、当日は車でスイスイ。
観光客もほとんど見かけませんでした。
d0110653_1752446.jpg
車を走らせた先に辿り着いたのが
影絵の美術館。
あの有名な藤城清治さんの作品が常設されていました。
思いがけない所で、思いがけなく
素晴らしい光のファンタジーを楽しむことが出来ました。
1994年、この美術館はギネスブックに掲載されました。
http://www.kageenomori.jp/
[PR]
by oshibana1997 | 2009-06-17 18:42

ウツボグサ

d0110653_8411655.jpg

今朝の散歩の途中で 草むらの中にこの花を見つけた。
「あっ、ウツボグサだ!」すぐ名前が出て来たことに 自分でも驚いた。
でも確信は無い。
帰宅後 ネット検索した。間違いなし。
きっと、何年か前にもこの草を調べたことがあったのだろう。
私の脳もまだまだ捨てたものではない? かも知れない?
名前の由来は ”弓矢の矢を収める「靫(うつぼ)」に形が似ている事から”
とあった。
[PR]
by oshibana1997 | 2009-06-09 08:42

サルトリイバラ(山帰来)

d0110653_1348996.jpg

昨日の夕方、雨が上がったので 久し振りに夫を散歩に誘いました。
ハサミとビニール袋を持つのも忘れません。
雨でたった3日歩かなかっただけなのに身体が重く感じます。早足で歩くと息も切れます。
たった3日間のことなのに…です。
実は、数日前から目を付けていたサルトリイバラ(山帰来)があったのです。
あちこちに巻き付いて蔓が伸びていくので、ハサミがないと簡単には採集出来ません。
夫の協力を得て採れました。
やっぱり自然は宝物。 リースにしてリビングの壁にかけています。

今朝は4日振りに晴れて、ラジオ体操・散歩に出かけましたが、今は又雨が降っています。
[PR]
by oshibana1997 | 2009-05-31 14:27

5/10 Happy Mothers Day

d0110653_13113120.jpg
長男夫婦から届いた母の日プレゼント。
世界初の青紫色のカーネーション「ムーンダスト」がアレンジされていました。

サントリーとオーストラリアのフロリジン社との共同開発により生まれたもので、南米で生産されているのだそうです。

紫の花は興奮を鎮め、ゆったりとした気分にさせてくれる効果があります。

「母の日」は、のんびり過しました。
 嬉しい一日でした。 
 感謝の気持ちを込めて「ありがとう!」
[PR]
by oshibana1997 | 2009-05-11 13:14

ラジオ体操と早朝散歩を始めて1年過ぎました。気持ちよく一日のスタートが切れます。皆様にもお勧めします。
カテゴリ
全体
押し花教室
押し花
パーゴラ
ウッドデッキ

庭作り
徒然
思い出
五行歌
自然・季節
本・読書・映画
食・料理
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧