ちょっとおしゃれな押し花タイム



アルベロベッロ から アマルフィーへ

「現地時間に慣れるのに 一日一時間 」と言われるているが、日本出国後、
今日で丁度一週間。
1. 日本時間の夜11:00以降は食べない 2. なるべく早く寝て睡眠不足を避ける
この二つを実行してきた。
これが時差で体調を崩さないコツである。
守ってきたおかげで、旅行中は夫婦共に快調だった。

9/18
アルベロベッロの町は谷間を挟んだ2つの丘の上に成り立っている。
ツウルッリのある地域は、北側のアイア・ピッコラ地区と
観光地化された南側のモンティ地区。
午前中、徒歩でモンティ地区を訪ねた。(前回の写真はアイア・ピッコラ地区。)
メインストリートに沿ってお土産屋さんが並び、その中に日本語で「陽子の店」と
書いてある店があり ふらりと入った。  久し振りに聞く日本語が懐かしい。

彼女も17年前(だったかな?)この地を旅して、ご主人と出会い 結婚したそうだ。
今でこそ旅番組に取り上げられるようになったアルベロベッロだが、17年前に
どれだけの日本人が知って居ただろう?
どんな経緯でここまでやって来たのかと余計な想像をしてしまう。人生色々。

トゥルロの屋上に上らせてもらった。とんがり帽子の可愛い屋根が眼前に広がり
素晴らしい眺めだ。この地区には1030のトゥルロが存在し、3000人の住民が
暮らしている。
近くに4,500万円で売りに出たトゥルロが有った。新しく家を建てる場合も
昔と全く同じスタイル・同じ材料を使って建てることが義務づけられている。

この後、マテーラ経由でアマルフィーまで車を走らせた。
前夜、カメラの充電を忘れてマテーラの写真が撮れなかったのが残念でならない。
アマルフィー海岸↓
d0110653_1214770.jpg

d0110653_12134847.jpg
 ↑山の上の方まで家がある。
海岸から山肌に沿って作られた 狭いくねくね道を、目を皿のようにしてホテルを探しながら登っていった。  イタリア人の運転の乱暴さに怖さを感じながら・・・。
[PR]
by oshibana1997 | 2010-12-04 13:01
バーリからアルベロベッロへ >>

ラジオ体操と早朝散歩を始めて1年過ぎました。気持ちよく一日のスタートが切れます。皆様にもお勧めします。
カテゴリ
全体
押し花教室
押し花
パーゴラ
ウッドデッキ

庭作り
徒然
思い出
五行歌
自然・季節
本・読書・映画
食・料理
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧